愛内里菜(垣内りか)の元プロデューサーは誰か【ビーイング創業者/顔画像アリ】

今回は、歌手の愛内里菜さんの元プロデューサー男性についてご紹介します。

愛内里菜さんは現在、「垣内りか(2015〜2018)」「R(アール)(2018〜)」など、名前を変えながら歌手活動を続けていますが、過去に一度歌手を引退していました。

引退理由については、甲状腺の病気だと発表されており、歌手復帰後は病状が落ち着いたと説明なさっていましたが、実はプロデューサーからセクハラされていたのが原因だったということです。

当記事では、愛内里菜さんが当時所属していたビーイングの創業者で、愛内里菜さんのプロデューサーだった男性についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

愛内里菜(垣内りか)の元プロデューサーは誰か【顔画像アリ】

調べたところ、愛内里菜さんの元プロデューサーの男性は、下記画像の方です。

愛内里菜の元プロデューサー・長戸大幸
出典:Faith

お名前は、長戸大幸(ながと だいこう)さん。

1948年(昭和23年)4月6日生まれで、現在72歳です(2021.3現在)。

愛内里菜さんがデビューしたのは2000年の19歳の頃で、その時の長戸さんの年齢は51歳。

なので、年の差なんと32歳ですね。(もはや親子ですね)

長戸さんは1978年11月に音楽会社ビーインググループを創業し、現在は相談役に就任しています。

愛内里菜さんのプロデューサーだったころの名義は、「KANONJI」というペンネームでした。

長戸さんは所属アーティストをプロデュースする際、よくペンネームを利用するようで、名前は他にも「ROCKAKU、Danny Long」などがあります。

長戸さんはもともとミュージシャンで、楽器演奏や作詞作曲、ボーカルもできるマルチな方でした。

日本を代表する作詞家の阿久悠さんともお知り合いだったり、俳優の舘ひろしさんと一緒に渡米して楽曲制作も行うなど、人脈もかなり広い方です。

株式会社ビーイングを創設後は、(敬称略)

  • 三原順子
  • BOØWY
  • TUBE
  • B’z
  • ZARD
  • WANDS
  • 大黒摩季
  • DEEN
  • T-BOLAN
  • 倉木麻衣
  • 小松未歩
  • GARNET CROW

上記のような方々のプロデュースを担当し、ヒットさせてきました。

もちろん、愛内里菜さんもその一人です。

長戸大幸のセクハラ内容と愛内里菜の訴訟まとめ

愛内里菜(垣内りか)ことR(アール)
出典:YouTube

今回、愛内里菜さんがビーイング時代にセクハラされていたと訴えたのは、おそらく長戸大幸さんで間違いないでしょう。

訴訟内容については、おおまかにまとめると下記の通りです。

  • 愛内里菜さんは2000年頃から、打ち合わせで2人きりのときに体を触られたり、性的な言葉をかけられていた
  • 芸能活動を継続させるために、ずっと耐えていた
  • 極度のストレスで声が出ず、過呼吸や体調不良になったこともある
  • 密室で2人きりになるように仕向けられた、また事務所は何も対策してくれなかった

デビュー間もない19歳の女性が、自分を売り出してくれるプロデューサーと2人きりにさせられ、セクハラを受けていたということです。

想像するだけで、なんとも耐えがたい状況だったはずです。

愛内里菜さんがビーイングを去ったのは2010年なので、上記が全て事実だとするなら、およそ10年間もセクハラに耐えていたということになりますね。

ちなみに、愛内里菜さんはデビュー前後、衣装やヘアメイク代はすべて自腹だったようです。

所属先だったビーイングは、アーティストの衣装やメイクに関してノータッチだったようで、愛内さんは数百万円の借金を抱えた状態でデビュー。

しかも、アルバイトも許可されていなかったといいます。

そんな中、2枚目のアルバム(2002年5月15日発売の「POWER OF WORDS」)がオリコン1位を獲得し、1000万円を手にして借金を完済したとのこと。

二十歳前後で数百万を返済するなんて、とても立派な女性ですよね。

ですが、華々しくデビューした影にはお金の問題と、さらにセクハラもあったとのこと。

当時の愛内里菜さんを思うと、心情を察するに余りあります。

ちなみに愛内さんは、今回の訴えで1000万円の賠償を求める訴訟を、大阪地裁に起こしています。

愛内里菜の他にも被害にあっていた可能性

長戸大幸さんについて調べていると、下記のような記述を発見しました。

ネット上では、愛内里菜さんと同じくビーイング時代に活躍していた、小松未歩さんを心配する声もありました。

小松未歩
出典:Amazon

また、2013年に解散した人気グループ「GARNET CROW」にも、ビーイングで何かあったのではないかという声がありました。

GARNET CROW
出典:GARNET CROW公式サイト

当時、愛内里菜さんや小松未歩さん、GARNET CROWは、ともにビーイングの傘下である「GIZA studio」というレーベルでした。

調べたところ、GIZA studioにいたアーティストは女性が多く、また解散や引退した方も多いです。

辞めた方を一部ご紹介すると、(敬称略)

  • 岩田さゆり
  • 上原あずみ
  • 北原愛子
  • 栗原小夜
  • 三枝夕夏 IN db
  • 吉田知加

など、かつて所属していたアーティストの多くは女性でした。

これだけのデータがあるとすると、愛内里菜さん以外にも、被害にあった方がいるのかもしれませんね。

セクハラといえば、かつて堀北真希さんが所属していた事務所でも、所属女優から被害の声があると話題ですので、鈴木友花は誰なのか【スウィートパワーのセクハラ被害女優】もあわせてご覧ください。

以上、愛内里菜さんがセクハラで訴えた当時のビーイングの創業者・長戸大幸さんについてご紹介しました。

関連記事

目次
閉じる