江幡兄弟(睦・塁)と三浦春馬の仲良しエピソード!小学5年から親友!

日本のキックボクシング界を牽引する、双子のキックボクサー、江幡睦さんと江幡塁さん。

江幡兄弟は、先日お亡くなりになった俳優の三浦春馬さんと小学校時代からの親友でした。

江幡睦さんは訃報に際して、「僕達の三人の夢はまだ途中にあります。三人の夢はこれからも続きます。皆さん共に応援して下さい」とコメント。

また、江幡睦さんと江幡塁さんは、三浦春馬さんの密葬にも参列されたそうです。

今回は、江幡兄弟と三浦春馬さんが中学校の頃に誓った夢、そして小中学校から続く親友エピソードをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
目次

江幡兄弟(睦・塁)と三浦春馬の仲良しエピソード!

3人が親友だと語られたのは、2015年放送のTBS番組『A-studio』でのことでした。

小学校と中学校が同じだった3人は、卒業してからもずっと仲良しでした。

三浦春馬さんが、ダンサーの菅原小春とお付き合いしていたときも、江幡兄弟はすでに三浦さんから彼女を紹介されていたそうです。

三浦春馬さんと菅原小春さんとは、江幡兄弟の試合を一緒に観覧したこともあるということでした。

https://twitter.com/shanonbebe/status/1284729536706342912

菅原小春さんは、2019年の紅白歌合戦で、米津玄師さんのバックダンサーとして踊っていた方です。

彼女を紹介して、試合にも足を運ぶなんて、本当に仲がよかったんですね!

他にも、2019年大晦日に行われた総合格闘技「RIZIN」では、「江幡塁vs那須川天心」の試合で、三浦さんがセコンドをつとめました

親友の大一番を、真剣なまなざしで応援していた三浦さん。

あまりにも一生懸命に応援していた彼の姿は、「俳優・三浦春馬」をよく知らない格闘技ファンからも認知される程でした。

スポンサーリンク

小学5年から親友!

江幡兄弟と三浦春馬さんは、地元の茨城県土浦市で小学校・中学校が同じでした。

小学校は、土浦市立真鍋小学校

中学校は、土浦市立土浦第二中学校でした。

3人の出会いは、真鍋小学校で小学5年生になったときでした。

同じクラスになった3人は意気投合し、以来ずっと親友同士だということです。

江幡兄弟は9歳から極真空手、13歳からキックボクシングを習い始めました。

三浦春馬さんは、4歳からすでに劇団に所属しており、演技の勉強をされていました。

キックボクシングや演劇を学ぶ3人は、どこか惹かれあうものがあったのかもしれませんね。

3人が誓った約束とは?

江幡睦さんと江幡塁さん、そして三浦春馬さんの3人は、中学校も同じ「土浦市立土浦第二中学校」へ進学。

中学時代もずっと仲が良かったそうです!

その後、三浦春馬さんは東京の「堀越高校」へ進学。

江幡兄弟も地元の高校へ進学が決まり、3人は別々の道を歩むこととなります。

(江幡兄弟は高校2年で揃って中退し、上京後は伊原道場に入門)

中学校を卒業する間際、3人はある約束をしています。

それは、「江幡兄弟はキックボクシングで頂点を取り、三浦春馬は俳優として頂点を取る!」ということ。

遠く離れていても、夢を追い続けようと誓った3人。

江幡睦さんはその約束のことを思って、

「僕達の三人の夢はまだ途中にあります。三人の夢はこれからも続きます。皆さん共に応援して下さい」

と、コメントされたんだと思います。

三浦春馬さんも、江幡兄弟のことをずっと応援していたんですね。

江幡睦さんと江幡塁さんの今後のご活躍を期待するとともに、三浦春馬さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる