平林清澄の出身高校中学情報【体が細すぎて体重も気になる件】

  • URLをコピーしました!

今回は、國學院大學陸上競技部のメンバー、平林清澄(ひらばやし きよと)さんについてご紹介していきます。

平林さんといえば、やはり引き締まった細い体からみなぎるパワー。

しっかりした走りを見せてくれると、箱根駅伝でも話題の選手なんですよ。

そこで当記事では、平林清澄さんの気になる学歴(出身高校や中学校)そして体重についても調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

平林清澄の出身高校と出身中学情報

平林清登
出典:4years

まずは、平林清澄さんのこれまでの学歴とプロフィールを紹介します。

  • 名前:平林 清澄(ひらばやし きよと)
  • 生年月日:2002年12月4日(19歳/2021年12月現在)
  • 出身地:福井県越前市
  • 出身大学:國學院大學 経済学部1年
  • 出身高校:福井県立美方高等学校
  • 出身中学:越前市立武生第五中学校

平林さんは福井県出身で、現在は国学院大学の1年生。

笑顔が素敵な若手エースです!

平林さんの母校である「美方高等学校」は、文武両道をモットーに、勉学と部活動の盛んな高校。

美方高等学校
出典:美方高等学校

特に、駅伝部とボート部は、全国大会の常連という強豪校です。

学校の外観はこちら。

平林さんが美方高校に入学したキッカケは、中学3年生だったときに美方高等学校の陸上部監督から声をかけられたことでした。

ご両親が陸上選手だったという平林清澄さん。

ご自身も陸上競技を極めたい思いが強かったそうで、より陸上に専念できる環境を求めて、美方高校へ進学。

陸上競技の中でも、得意だった長距離競技を活かして駅伝部へ入部しました。

ちなみに、平林清澄さんの出身中学は「武生第五中学校」です。

武生第五中学校
出典:武生第五中学校

1年生〜3年生まで全校生徒32名という、少人数の中学校です。(2020年データ)

武生第五中学校では、平林さんが通っていた当時、卓球部とバドミントン部の2つの部活動しかなかったそうです。

平林さんは、バドミントン部に所属。

また、部活動以外にも小学校1年生のときから、陸上競技出身の両親の影響で、市民マラソンに参加。

陸上の試合にもたびたび出場していたようです。

とはいっても中学時代の試合時には、いつも「体育の先生」に付き添ってもらっていたといいます。

そんな「バドミントンと陸上の2足のわらじ」で頑張っていた平林さん。

美方高校の陸上部監督に才能を見いだされ、高校時代には陸上に専念できる環境でメキメキと頭角を現していきました。

平林清澄の体が細すぎて体重が気になる件

高校で才能が開花した平林清澄さんですが、なんといっても体が細すぎることでも話題です。

平林清澄(国学院大学)
出典:Twitter

気になったので、身長と体重も調べてみた所、下記の通りでした。

  • 身長167cm
  • 体重43kg

めちゃくちゃ軽いです!

もう走るための体って感じですよね。

ちなみに身長に対する標準的な成人男性の体重は、61.4kgでした。

なので、平林さんの場合は、標準よりも18.4kgも軽いという結果になりました。

あとBMIでも計算したところ、16以下で「低体重」という結果でした。

細すぎてちょっと心配になりますが、体を絞ってストイックに取り組んでいらっしゃる証拠ですよね。

体の細さが際立つ平林さんですが、実は「あまり食べられないタイプ」なんだとか。

なので食生活を改善し、しっかり食べれるように内蔵を強化するとも語っています。

他の1年生3人とともにAチームで参加した夏合宿は、「距離を踏むことと、あまりたくさん食べられないタイプなので、しっかり食べて内臓を強化すること」をテーマに掲げた。

引用:4years大学スポーツ

長距離ランナーですし、体力も持久力も必要ですから、バランス良い食生活でしっかり体の内側から整えていってほしいですね。

平林清澄の母校【美方高校駅伝部】がすごかった!

ここからは、平林清澄さんの母校「美方高校の駅伝部」について調べてみました。

美方高校時代の平林清澄
出典:Twitter(美方高校時代の平林さん)

美方高等学校は、福井県の県立高等学校です。

部活動が盛んな学校ですが、特にボート部と陸上競技部(駅伝部)は全国大会に出場する常連校。

そんな美方高校に入学した平林さんですが、駅伝部入部当時は、部員20名中18番目の成績だったそうです。

意気込んで駅伝部に入部した美方高校では、20数名いた部員の中で平林の持ちタイムは下から2番目。同学年には3000mで8分台を持つ廣瀬啓伍(現・麗澤大)や田鳥創太(現・関西学大)ら、学年別で県内トップ3の2人がいた。そこで平林は「2人に勝ちたい。1年生から高校駅伝に出たいと思い、死ぬ気でずっと練習しました」と振り返る。

引用:4years大学スポーツ

死ぬ気で練習したという高校時代。

いま大学生となった平林さんはまさに、1年生から箱根駅伝に出場できるほどの実力者へと成長しました。

きっと平林清澄さんという方は、目標達成のためなら何が何でも成し遂げる生粋の負けず嫌いな方なのかもしれませんね。

箱根駅伝といえば、初出場の駿河台駅伝部の監督も話題になっています!

詳しくは、徳本一善の妻は徳本梨江(栄養士)!夫婦で駿河台駅伝部を支えた10年!でまとめていますので、是非合わせてご覧ください。

以上、平林清澄さんの出身高校と中学の情報についてご紹介しました。

目次
閉じる