いとうまい子の現在(2022最新)と45歳で大学入学から取締役までの経歴

今回は、女優のいとうまい子さんの2022年最新情報についてご紹介します。

いとうさんは2021年12月から「株式会社タスキ」の社外取締役に就任する見通しで、今後は会社経営やIT事業、AIプログラムの開発などに関わっていくとのことです。

45歳で早稲田大学に入学したり、実兄(他界)の会社を引き継ぐなど、元アイドルとは思えない活躍をなさっているいとうさん。

当記事では、そんな彼女の現在と、これまでの経歴をまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

いとうまい子の現在(2022最新)【取締役に大抜擢!】

「株式会社タスキ」の社外取締役に就任したいとうまい子
出典:ENCOUNT

まずは、いとうまい子さんの2022年現在最新情報からです。

いとうさんは2021年11月、「株式会社タスキ」の社外取締役に就任する見通しだと報道されました。

女優いとうまい子(57)が、不動産テック(テクノロジー)事業を展開する株式会社タスキ(本社・東京)の社外取締役に就任する見通しであることが24日、分かった。12月22日開催の定時株主総会で正式決定する。

引用:ENCOUNT

株式会社タスキの主な事業内容は、不動産の仲介おとび流通です。

もともとは「株式会社TNエステートという名称で、2013年8月に設立された会社です。(2019年10月にタスキへ改称)

2020年10月には東証マザーズ市場に上場し、いまもっとも成長している企業のひとつです。

株式会社タスキでは不動産業に関連して、最新テクノロジーを駆使した家電開発、またAIやVRといった最先端のテクノロジーで住環境を快適にする取り組みを行っています。

具体的には、外出先から家電を遠隔操作できたり、人感センサーで防犯対策を強化したり、VRを使って室内を内見できる仕組みを開発するといった事業です。

そんな会社の社外取締役に抜擢された、いとうまい子さん。

いとうさんを抜擢した背景には、彼女のこれまでの経営実績や学歴と経歴が関係していました。

いとうまい子が45歳で大学入学した件&これまでの経歴

早稲田大学を卒業したいとうまい子
出典:日経WOMAN

いとうまい子さんの主な経歴は下記の通りです。

  • 名前:いとう まい子(本名/小野田 麻衣子)
  • 生年月日:1964年8月18日(57歳/2022年現在)
  • 出身地:愛知県名古屋市中川区
  • 出身中学:金城学院中学校(名古屋市東区)
  • 出身高校:金城高等学校(名古屋市東区)
  • 出身大学①:大妻女子大学中退(東京都千代田区)
  • 出身大学②:早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科(eスクール)→大学院へ

いとうまい子さんは、45歳で大学に再入学した経歴をお持ちの女優さんです。

いとうさんが大学に再入学した理由は、「お世話になった人たちへ社会で役立つ技術を身につけて恩返しをしたかった」からとのこと。

私はずっと芸能活動を続けてきて、「いつか、お世話になった方々への恩返しがしたい」と思っていました。知識や技術を身に付けて、社会に何かを返したいという気持ちです。そんなとき、2008年に仕事をきっかけに「予防医学」のことを知りました。

引用:日経WOMAN

大学入学のキッカケとなった2008年のお仕事を調べた所、下記のものが該当しました。

  • なるトモ!(読売テレビの情報番組)
  • 証券保管振替機構 「ほふり」のCM出演
  • 投資情報氏「ダイヤモンドZAi」の連載(いとうまい子の超・堅実カブ日記!)

このうちのどれかがキッカケで、予防医学を学びたいお気持ちが芽生えたのでしょうね。

とはいえ、もともと大学でたくさん学びたかったといういとうさん。

アイドルとして活躍する傍ら、高校卒業後の1983年には大妻女子大学へ入学。

しかし、芸能活動が忙しすぎて、1日も大学へ通う時間がとれず中退なさっています

そんないとうさんですが、2010年に45歳で再び大学入試に挑戦

早稲田大学の人間科学部健康福祉科学科(eスクール)へ入学し、4年間みっちり勉強なさったとのことです。

大学在学中には無理をしすぎて「帯状疱疹」にまでなったそうです。

それでも学びをやめなかったのは、「いつかお世話になった人たちへ恩返ししたい」という強いお気持ちがあったからなんだと思います。

そんないとうさんですが、在学中は運動アシストロボ「ロコピョン」を開発

ロコピョンは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防を目的としたロボットで、スクワット等の運動を補助する機械です。

下記画像は、ロコピョンを披露するいとうまい子さんです。

ロコピョンといとうまい子
出典:マイナビニュース

また、いとうさんは大学卒業後の2014年、なんと大学院にも進学。

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程にて「老化学」の研究とその論文を完成させました。

さらにその後の2019年1月には、介護予防ロボットの開発を手掛ける企業「株式会社エクサウィザーズ」のフェロー(特別研究員)に就任。

大学で学んだ知識や経験を活かして、介護や医療の現場で活躍するロボット、および技術開発に取り組んでおられます。

なんとも向上心の塊のようないとうまい子さんですが、実は経営者としての手腕も高く評価されています。

経営者といえば、タマホームの社長がヤバいと話題なのはご存知ですか?

詳しくは、玉木伸弥(タマホーム社長)の経歴学歴wiki【社内いじめや宗教の噂】をご覧ください!

いとうまい子経営の会社『ライトスタッフ』とは【兄の会社を継ぐ】

いとうまい子さんは現在、

  • 個人事務所「マイカンパニー」(1995年〜)
  • 株式会社「ライトスタッフ」(2017年〜)

上記2つの会社で経営を担当しています。

「マイカンパニー」はいとうさんが所属する個人事務所で、代表取締役は伊藤明子さんという方です。

マイカンパニー会社情報
出典:会社情報│マイカンパニー

マネージングディレクターにも「伊藤裕記」さんという方が就任しているので、おそらく同じ名字であることからいとうまい子さんのご親族であると思われます。

もうひとつの「ライトスタッフ」という会社は、実はいとうまい子さんの2番目のお兄さんがやっていた会社とのことです。

株式会社ライトスタッフ会社概要
出典:会社概要│株式会社ライトスタッフ

いとうさんの兄は、2017年1月に自宅で突然死なさっています。

お兄さんが起業したばかりだった制作会社を、妹のいとうまい子さんがそのまま引き継ぎ今に至ります。

実は、お兄さんがお亡くなりになった後、不動産会社から嫌がらせを受けていたといういとうさん。

悲しみに暮れるまもなく、莫大な清掃費用を請求されたり、数々の嫌がらせを受けたと告白して話題にもなりました。

兄の遺影を持ついとうまい子
出典:いとうまい子オフィシャルブログ

それでも経営者として前を向いて頑張ってきた彼女。

研究者として、社外取締役として、経営者として、これからも応援したいですね!

経営者といえば、タレントの紗栄子さんも敏腕経営者として牧場再生に取り組んでいます。

紗栄子さんについては、【紗栄子】那須の牧場の場所はどこ?アクセス方法や移住した理由!でまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

以上、いとうまい子さんの現在の状況や、これまでの経歴をまとめてご紹介しました。

関連記事

目次
閉じる