駒井蓮の学歴は?大学は慶応で出身高校は?中学までは青森の学校へ!

大塚製薬の「ポカリスエット」のCMで、一躍有名になった女優の駒井蓮(こまい れん)さん。

現役大学生でもある彼女ですが、現在は慶応義塾大学へ在籍しています。

慶応と聞くと、とっても頭がいいのかなというイメージですよね!

今回は、駒井さんの学歴について詳しく調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

駒井蓮の学歴は?

画像出典:https://twitter.com/official_BOX/status/1292967235699408896

さっそく、駒井蓮さんの学歴についてご紹介していきます。

駒井蓮さんの学歴
  1. 大学:慶応義塾大学 文学部
  2. 高校:日出高校(現・目黒日本大学高等学校)
  3. 中学校:弘前大学教育学部附属中学校
  4. 小学校:弘前大学教育学部附属小学校

現在は慶応の文学部に在籍されており、高校進学を機に上京されたようですね!

詳しく見ていきましょう!

①慶応義塾大学文学部に在籍中!

画像出典:https://twitter.com/jukushin/status/1138638609030889473

こちらは、慶應塾生新聞に掲載されている駒井蓮さん。

画像の右下に写真がありますね。

2019年に入学しているので、現在は2年生です。(2020年現在)

在籍している学部と学科は、「慶応義塾大学 文学部 人文社会学科」です。

②出身高校:日出高校(現・目黒日本大学高等学校)

画像出典:https://twitter.com/tashirochikayo/status/864808867997245440

こちらは2017年の、当時高校2年生だった頃の駒井さん。

高校では、芸能コースがある日出高校(現・目黒日本大学高等学校)へ進学しました。

お仕事と学業の両立は大変だったと思うのですが、高校の文化祭では、友人とのバンド演奏で歌を披露したこともあるそうです。

実は、ピアノ演奏もできる駒井さん。

小さい頃は、ピアノや合唱も習っていたそうで、カラオケもお好きなんだとか。

洋楽を歌うの好きとのことで、必ず歌うのはザ・ウィークエンドやジャスティン・ビーバーだそうですよ。

③出身中学:弘前大学教育学部附属中学校

駒井さんの出身中学は、青森県弘前市にある附属中学校です。

青森県平川市出身の彼女ですが、弘前市は隣の市になります。

2013年の中学校1年生の時にスカウトされ、翌年にポカリスエットのCMで有名になりましたね。

とっても初々しい駒井蓮さんです!

当時は泣けるCMとしても話題となりました。

ちなみに、中学校の制服は下記のようなセーラー服だったようですね。

絵を描くのが趣味だという彼女は、中学時代に美術部に所属していたそうです。

④出身小学校:弘前大学教育学部附属小学校

小学校は、弘前大学教育学部附属小学校でした。

中学校と同じ敷地にある学校で、偏差値も高い学校です。

実は、四姉妹の3番目という駒井さん。

なんと、双子の妹さんもいるそうですよ!

もしかしたら、妹さんも同じ学校だったかもしれませんね。

スポンサーリンク

日出高校から夢だった慶応義塾へ!

中学から高校時代ずっと成績優秀だった駒井さん。

芸能コースがある日出高校(現・目黒日本大学高等学校)を卒業後、慶応義塾大学の文学部へ進学しています。

実は、大学へ進学するべきか迷っていたという駒井さん。

中学1年の頃にスカウトされた彼女は、当時から女優やモデル業をやっていきたいという気持ちが強かったそうです。

しかし、幼いころから慶応か早稲田へ進学するのが夢だったとも語っています。

進学を迷いながらも訪れたオープンキャンパスや、ご家族との話し合いの中で、大学へ行くこと決意されたようです。

ちなみにご両親は学校の先生だそうですので、おそらく進学を説得されたのではないかなと思いました。

大学はAO入試で受験?

駒井さんの受験について調べたところ、慶応義塾大学への進学はAO入試(もしくは一般入試)だった可能性があることがわかりました。

ちなみに慶応への受験方法は、下記の通りです。

  • 一般選抜(いわゆる一般入試)
  • 総合型選抜(自主応募による推薦入学、AO入試)
  • 学校推薦型選抜
  • その他の入試(帰国生、留学生)

大学受験は形式も様々で、特に慶応は私立なので、自己推薦枠(AO入試)も色々ありますね。

「(大学の)授業についていくのが必死」と語っていた駒井さんですが、お仕事をしながら学業も両立するのはとっても大変だと思います。

ちなみに、高校時代は無欠席だったそうなので、大学でもきっと頑張っていらっしゃることと思います!

今後のご活躍に注目ですね。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる