満田晴穂の自在置物は販売してる?展示販売会は抽選!作品の値段は?

江戸時代から続く伝統技法で作られた、自在置物

虫・蛇・甲殻類、または竜や幻獣など、色んな生き物を金属で作る技法です。

今回は、その自在置物の担い手で、国内唯一の継承者・満田晴穂さんの作品についてご紹介していきます。

また、手ごろに入手できる自在置物についても、あわせてご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

満田晴穂の自在置物は販売してる?

自在置物とは、触ると本物の様に動く置物のことです。

そして満田晴穂さんの自在置物の作品は、展示会で販売されています。

しかし、いつも100人以上の行列ができるそうで、販売は抽選形式で行われているそうですよ!

現時点(2020.7)で決定しているのは、日本橋三越本店で開催される「JIZAI 満田晴穂展」という展示会です。

  • 期間:2020年7月22日(水) ~ 2020年7月28日(火)(※ 最終日は午後5時閉場)
  • 場所:日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン

こちらの展示会期間中に、抽選販売が行われます。

展示販売会は抽選!

展示販売会の抽選ですが、詳細については下記の通りです。

  • 抽選対象作品:全作品(※抽選の応募は1人3作品まで)
  • 応募受付期間:2020年7月15日(水)午前10時00分~7月25日(土)午前11時50分
  • 応募受付場所:日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン「JIZAI満田晴穂展」会場内
  • 応募受付方法:会場への来店、もしくは電話での受付のみ
  • 応募方法:来店の場合はサロン係員へ。電話の場合は名前・電話番号・住所・希望作品名を伝える。
  • 抽選結果発表:2020年7月25日(土)正午より会場内にて抽選。当選された方の抽選番号をアナウンス。
  • ※当選した場合、7月26日(日)午後7時までに連絡がつかない場合は、当選の資格を失効         
  • 問い合わせ先:03-3241-3311(大代表)本館6階 美術・工芸担当

調べた所、現時点で開催が決定している抽選販売は上記だけでしたので、とても貴重な機会です。

作品の値段は?

満田晴穂さんの自在置物の作品展は、いつも大盛況だそうですが、気になるのは作品のお値段。

先ほどご紹介した三越の展示会で販売される作品を、数点ご紹介していきます。

画像出典:https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artmitsuta0722/

こちらは、ジザイカニガタフタマタクワガタ。

お値段、なんと660,000円です!

画像出典:https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artmitsuta0722/

こちらは、ジザイモンキアゲハ。お値段は1,100,000円。

画像出典:https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artmitsuta0722/

こちらは、ジザイオニヤンマ1という作品で、お値段は770,000円です。

画像出典:https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artmitsuta0722/

続きましては、ジザイエンマコオロギ(メス)。お値段は352,000円です。

画像出典:https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artmitsuta0722/

最後は、ジザイオオジョロウグモ。お値段は352,000円です。

一般庶民の筆者からすると、とても高級な置物だなぁという印象です。

ここまで高級じゃなくても「もっと手軽に購入できる自在置物はないものか?」と調べたところ、タケヤ式自在置物という商品を発見しました。

ネットでも買えるタケヤ式自在置物

満田晴穂さんの自在置物が欲しいけど、「高すぎて手が出ない」という方へオススメの自在置物はこちら!

こちらは、ジブリ映画「風の谷のナウシカ」に登場する、王蟲の自在置物です。

なんと満田晴穂さんご本人のツイートを発見!

満田さんも、タケヤ式自在置物の王蟲をご購入されていました!

ちなみにこちらの王蟲を作ったのは、竹谷隆之さん。

竹谷さんは、日本を代表するフィギュア造形作家のおひとりです。

満田さんはツイートに「竹谷さんに制作の苦労や裏話聞いてたぶんあれこれ楽しく見れる。」と書かれていますので、竹谷さんと親交がおありなんですね!

ちなみに、こちらの王蟲のお値段は、31,680円(Amazon調べ/2020.7.19時点)です。

まとめ

今回は、「満田晴穂の自在置物は販売してる?展示販売会は抽選!作品の値段は?」というテーマで、満田さんの作品について詳しくご紹介してきました。

よかったら、タケヤ式自在置物もお手に取ってみてくださいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる