ユナが落選した理由は?落ちてもチャンスはまだあるのかを徹底検証!

2019年2月から始まった「虹プロジェクト」がいよいよファイナルを迎え、ついに「NiziU」としてデビューする9人が決定しましたね!

合格したのは9名で、残念ながら「ユナ、アカリ、リリア」の3名は落選となりました。

特にユナは、JYP練習生として2年以上も頑張ってきたのですが、惜しくもファイナルで落選となり、SNS上では残念すぎるという声も多くありました。

そこで今回は「ユナの落選した理由」を考察してご紹介してきます。

さらには、「ユナがデビューできるチャンスはまだあるのか?」も検証していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

ユナが落選した理由は?

https://twitter.com/taj_________/status/1276203232528789504

落選した理由は、獲得したキューブの数だと思われます。

3つ目のミッションで7位の成績をおさめ、初キューブを獲得したユナですが、1つ目2つ目のミッションの成績はあまり振るわず。

ミッション1つ目では10位、ミッション2つ目では12位だったので、総合的に評価された結果、惜しくも落選になったと考えられます。

ですが、落選した時のユナは、とても落ち着いているように見えました。

表情は穏やかで、合格したメンバーにも自分から寄り添って、抱きしめていましたね。

ここまでたくさん泣いてきたユナですが、さらに成長したような気がします。

JYPからは「頑張ったよ、ユナさん。途中でスランプがあったから。でもよく頑張ったよ!」と声をかけられていました。

スポンサーリンク

落ちてもチャンスはまだある?

https://twitter.com/giraffe903/status/1276215095551422464

過去のJYP練習生で落選した子が、再びオーディションを受けてデビューしたケースがいくつかあります。

今回は、虹プロと同じくオーディション番組で決まった「TWICE」を例にして、落選メンバーとその後の活動を調査してみました。

JYPから移籍してデビュー

まずは、TWICEの最終オーディションまで残ったチョン・ソミですが、落選後に再びオーディションを受け、『PRODUCE 101』で見事1位を獲得

そして、期間限定グループの「I.O.I」でデビューしていますが、解散後にJYPエンターテインメントからYGエンターテインメントへ移籍して、ソロデビュー

またパク・ジウォンも、TWICE落選後はすぐにJYPから移籍して、「アイドル学校」というオーディション番組に参加。

現在は「fromis_9」というグループのメンバーとしてデビューしています。

時間はかかりましたが、念願のデビューを掴んだ子もいることがわかりました!

音楽学校へ進学

TWICEで落選したものの、ずば抜けた歌唱力を持っていたミニョンは、音楽学校へ進学しレッスンを受けているという情報がありました。

オーディションを受けるのは、まだまだ若い子ばかりですので「学校を卒業した後にまた夢を追う」という道もアリかと思います!

ユナを応援するみんなの声

ここからは、ユナを応援してきた方たちの声をご紹介していきますね。

https://twitter.com/Comomo327_2004/status/1276199234287460353
https://twitter.com/__moonfnsk__/status/1276206356844797952
https://twitter.com/ka_07ml/status/1276207163803750400

ユナちゃんはスランプの殻も破って、とても頑張ってきた子ですので、やっぱり合格してほしかったですね!

まとめ

今回は、虹プロファイナルで惜しくも落選してしまったユナの落選理由や、再びデビューのチャンスはあるのか、について検証してきました。

落選した3名の順位は公表されませんでしたが、総合的な評価だったのではと思います。

オーディションに落ちても、夢を諦めずに再びチャレンジして、デビューした子がいることも事実です。

ですので、ユナにもまたどこかで会えると信じて、陰ながら応援しています!

よろしければ下記の記事もご覧ください。

https://nice-plus.com/nizipro-akari/

https://nice-plus.com/nizipro-riria/

今回は以上です。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる