野原未蘭の出身高校や出身中学は?偏差値は高い?学歴まとめ!

2020年9月1日付で、アマチュアから女流棋士2級に昇格する「野原未蘭(のはら みらん)」さん。

いま将棋界では、藤井聡太棋聖をはじめとする若手棋士が増えており、彼女も期待されている若手の一人です。

野原さんは幼稚園年長頃より将棋に親しみ、中学1年生の時に参加した「第9回女子アマ王位戦」で、史上最年少記録で優勝。

中学1年生にして、女性アマチュアのトップに躍り出ます。

そんな輝かしい戦績をもつ野原さんですが、現在は高校2年生。

今回は、彼女の出身高校や出身中学などの学歴を、まとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

野原未蘭の学歴│出身高校や出身中学は?

画像出典:施設・設備紹介│富山第一高等学校ホームページ

現在高校2年生の野原未蘭さんが通っている高校は、富山市内にある「富山第一高等学校」です。

また出身中学は、富山市内の「富山市立岩瀬中学校(公立)」です。

小学校については確認できませんでしたが、おそらく地元の富山市内だと思われます。

スポンサーリンク

偏差値は高い?

現在、野原さんが通っている「富山第一高等学校」について調べてみました!

富山第一高等学校の特徴
  • 富山市内の私立高校
  • 男子サッカー部が全国大会の常連
  • 進学校で、偏差値は53

高校の偏差値は、53でした!

高校1年で富山県代表に選ばれる!

富山第一高校に在籍している野原さんですが、「全国高等学校将棋竜王戦」の富山県代表に選ばれた時は、学校のホームページでも紹介されています。

画像出典:学校トピック│富山第一高等学校ホームページ

高校1年生の時に、富山県代表になった野原さん。

女子が県代表になるのは富山県では初めてのことで、しかも全国で2例目だったそうです。(ちなみにこの時の大会では、一回戦敗退という結果でした。)

野原未蘭さんは他にも、数々のトーナメントに挑戦しており、何度も優勝してきています。

ここからは、野原さんの戦績などを詳しくご紹介していきます。

中学1年で女性アマチュアのトップに!

画像出典:https://twitter.com/banseijuku/status/1018768191000940545

こちらは中学生の頃の野原さんですが、中学1年生の時に出場した「第9回女子アマ王位戦」で優勝し、女性アマチュアのトップになりました。

幼稚園の年長頃から将棋をはじめた野原未蘭さん。

実は、小学生の頃からメキメキと頭角を現し、輝かしい戦績を残されています。

  • 小学5年生(2014年):第7回小学生駒姫名人戦、優勝
  • 小学6年生(2015年):第8回小学生駒姫名人戦、優勝(2連覇)
  • 中学1年生(2016年):第8回中学生女子名人戦、優勝
  • 中学1年生(2016年):第9回女子アマ王位戦、優勝(中学生で女性アマチュアのトップに!)
  • 中学2年生(2017年):第49回女流アマ名人戦、優勝
  • 中学2年生(2017年):第10回女子アマ王位戦、優勝(2連覇/女性アマ2冠達成)
  • 中学3年生(2018年):第43回中学生将棋名人戦、優勝(女子では初)
  • 中学3年生(2018年):第39回全国中学生選抜将棋選手権大会(女子の部)、優勝
  • 中学3年生(2018年):第50回女流アマ名人戦、優勝(2連覇)
  • 高校1年生(2019年):第9回女流王座戦、二次予選進出
  • 高校1年生(2019年):第51回女流アマ名人戦、優勝(3連覇)

ご覧の様に、野原さんは怒涛の勢いで優勝を重ねています。

また、史上最年少で女性アマチュアトップに躍り出たり、大会の2連覇3連覇を成し遂げる等、次々と記録を塗り替える快挙です。

現在、高校2年生の野原さんは、第28期倉敷藤花戦にて準決勝までコマを進めています。

女流2級資格を獲得してプロの世界へ

2020年9月1日付で、女性アマチュアから女流棋士2級に昇格することが決まっている野原未蘭さん。

現在行われている、第28期倉敷藤花戦にて準決勝まで進んでいますので、通常でしたら、女流初段昇段の資格が与えられるところです。

しかし、プロを目指すためには、プロ棋士に師事する必要があります。

画像出典:https://twitter.com/Hochi_Geino/status/1031379817667551232

これまで野原さんの師匠は、元奨励会三段・鈴木英春氏(上記写真右)でした。

ですが、プロ入りを見据えた結果、森内俊之九段(十八世名人)に師事することとなったようです。

高校卒業までプロ入りは考えていなかったという野原さん。

ですが、これだけの実力と戦績なので、プロになるべくしてなったという印象ですよね。

今後のご活躍にもぜひ注目ですね。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる