小田茜の離婚理由は価値観の違い?佐村河内守と不倫した過去も!

女優の小田茜さんが、所属事務所のオスカープロモーション退社と、離婚を発表しました。

小田茜さんは、1990年に第4回全日本国民的美少女コンテストで、見事グランプリを獲得し、芸能界デビュー。

小学生ながらテレビドラマに引っ張りだこで、一躍有名となりました。

そんな小田さんもパイロットのご主人とご結婚し、男の子を出産されていましたが、2017年に離婚していたことがわかりました。

今回は、小田茜さんの離婚理由や、親権が旦那さんなのはなぜなのか、さらには過去不倫していたことなどをご紹介していきますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

小田茜の離婚理由は価値観の違い?

報道によると、離婚した理由は「価値観の違い」でした。

離婚理由で、よく耳にする言葉ですよね。

小田さんは結婚後、旦那さんの勤務地である北海道で暮らしていたそうです。

なので、もしかすると結婚後に住んだ北海道に、あまり馴染めなかったのかな?という可能性もあると思います。

あと、離婚の一般的な理由としては、不倫・借金・暴力あたりですよね。

とはいえ、ここで気になるのが、長男の親権が旦那さんだということです。

スポンサーリンク

長男の親権が旦那なのはなぜ?

一般的に、有責配偶者でない方が親権を持つことが多いです。

有責配偶者とは、例えば不倫をしたり借金や暴力などで、離婚の原因を作った側ということです。

なので、旦那さんが親権を持つというのは、小田茜さんが有責配偶者である可能性があるということです。

現在の日本では、父親が親権を持つのは珍しいパターンですよね。

小田さんの長男と元旦那さんは、引き続き北海道で暮らしており、小田さんは東京へ引っ越しています。

長男は2010年生まれで、今年で10歳(2020年現在)。

両親に何が起こったのか、もう理解できる年齢ですよね。

小田茜さんが有責配偶者だとすれば、可能性として考えられるのは不倫あたりかと思います。

というのも、小田さんは過去に不倫経験がありました。

詳しく見ていきましょう。

佐村河内守と不倫した過去!

小田茜さんは過去に、佐村河内守さんと不倫していました。

佐村河内守さんとは、聴覚障害がありながら作曲していたと話題になるも、ゴーストライターだったことが判明した方です。

2人が不倫していたのは、小田さんが18歳だった頃ですので、もう20年以上前の話になります。

当時、小田さんは未婚でしたが、佐村河内守さんは既婚者でした。

さらに佐村河内さんは小田さんよりも、15歳も年上です。

調べたところ、小田茜さんはかなり年上がお好きのようですね。

パイロットの元旦那さんも、8歳年上ということでした。

東京に戻り、所属事務所を退所した小田さん。

今後は別の事務所に移籍して、芸能活動を再スタートさせるのでしょうか?

元国民的美少女の動向に注目ですね。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる