里田まい 子供の幼稚園の場所はどこ【プリスクールに通う理由とは】

今回は、楽天に帰ってきた田中将大投手と、妻の里田まいさんとの「子供たち」についてご紹介します。

里田さんは以前ヘキサゴンでおバカキャラとして人気でしたが、お子さんはセレブ幼稚園に通っていて、会話はすべて英語なんだとか。

しかも年間200万円もの学費がかかるそうで、一体どんな幼稚園なのか気になりますよね?

そこで当記事では、里田まいさんと田中将大投手の子供たちが通う幼稚園がどこにあるのか、場所や特徴などを調査してみました。

スポンサーリンク
目次

里田まい 子供の幼稚園の場所はどこか

まずは、里田まいさんの子供たちが通う幼稚園の特徴について、まとめてみました。

里田まいの子供は年200万のプリスクールに通う

里田まいと息子
出典:Instagram

里田まいさんのお子さんが通っている幼稚園は、厳密に言うと「プリスクール」と呼ばれるところです。

プリスクールというと、外国では「幼稚園・保育園」的な施設を指し、未就学児が通うところの意味ですが、

日本でいうプリスクールは少し違って、園での会話が「すべて英語」という点と、海外から赴任してきた外国人の子供も多く通っているのが特徴です。

また海外では3〜5歳対象であることが多い一方、日本では0〜5歳までを受け入れているところが多いです。

里田まいさんの子供たちが通っているプリスクールの特徴は、下記の通り。

  • 園内は原則、英語で会話する
  • 先生たちはほとんど外国人
  • 日本人の子供は何割かしかいない
  • 週5日で、年間200万円かかる

学費がとても高い印象ですが、その分細やかな気配りがなされているそうです。

まさにセレブ幼稚園ですよね。

ただ、プリスクールの年間費用の相場をみると、だいたい200万円前後のところが多いこともわかりました。

どのスクールも、入学金や月謝、施設費用等、すべて合算すると200万円は超えてくるところが多く、里田さんが選んだプリスクールが特別に高いわけでもなさそうです。

里田まいの子供のプリスクール 場所はどこか

里田まいと娘
出典:Instagram

またプリスクールの場所ですが、現在里田まいさんと子供たちは東京に住んでいるとのこと。

父親で旦那のマー君は、仙台にて単身赴任中だそうです。(ちなみに仙台-東京間は新幹線で約1時間半)

ですので、子供たちは東京にあるプリスクールのどこかに通っている、ということになります。

ここで、東京のプリスクールの中から、年間200万円前後かかるところをまとめてみました。

  • 清泉インターナショナルスクール(世田谷区):2,030,000円
  • 聖心インターナショナルスクール(渋谷区広尾):1,990,000円
  • 青葉ジャパンインターナショナルスクール(目黒区・練馬区):1,858,400円
  • 西町インターナショナルスクール(港区): 2,372,000円
  • アメリカンスクールインジャパン(調布市) 2,595,000円
  • ブリティッシュスクールイン東京(世田谷区):2,360,000円
  • 東京インターナショナルスクール(中目黒や南麻布など): 2,500,000円
  • ケイインターナショナルスクール(江東区):2,210,000円

上記のスクールはわりと有名どころばかりですので、知っている方もいらっしゃるかもしれません。

学費はすべて「1日保育」の費用ですので、午前保育に比べると割高になっています。

とはいえ、だいたい200万円前後であるところがほとんどですね。(子供の年齢で学費は変わってきます)

一般的な感覚としては高く感じますが、ゆくゆく子供が英語教室や学習塾に通うことを考えると、先行投資としてはアリなんじゃないかと思いました。

語学は早い段階から勉強しておくと、上達も早いですしね。

ちなみに東京都内で一番プリスクールが多いのは、港区でした。

次に多いのが渋谷区、世田谷区です。

ここからは、里田まいさんがなぜ子供たちをプリスクールに入れたのか、理由を考察してみました。

里田まいの子供がプリスクールに通う理由

里田まいと子供たち
出典:Instagram

よく芸能人の子供って、インターナショナルスクールに通っていたりしますよね。

例えば、木村拓哉さんの娘2人(CocomiさんとKoki,さん)もインターナショナルスクールに通っており、英語がペラペラです。

里田さんの子供たちはニューヨーク生まれなので、生まれたときから英語を聞いて育っていますよね。

ですが、日本にいると英語を聞く機会ってほとんどない上に、せっかく覚えた英語もどんどん忘れていってしまいがちです。

ですので、まだ小さいうちから、英語が身近にある生活をさせてあげたかったのでしょうね。

報道には、下記のようなことも書かれていました。

「まいさんとしては、ほとんどが日本人の子供という幼稚園よりは、多くの国の児童がいて、英語で会話をするプリスクールのほうが、環境の変化が少なく、息子さんが戸惑わないのではないかと考えたのでしょう。また、マーくんが再びメジャーリーグに挑戦する際には、一家全員で再移住することも想定しているのかもしれません」

引用:女性自身

プリスクールに通っている理由は、再びメジャーに挑戦してアメリカへ戻ることと、お子さんの環境を考えてのことだったようです。

プリスクールといえば、木下優樹菜さんの娘も通っているそうなので、詳しくは木下優樹菜の娘の小学校は?インターの制服から学校が特定された?をご覧ください。

里田まいや子供たちの英語力とは

ここで、里田まいさんと子供たちの英語力も気になったので調べてみました。

里田さんが英語を話している動画はないものの、インスタグラムでは全文英語でコメントを書かれています。

下記は、アメリカを離れることが決まった際の投稿です。

里田まいインスタグラム
出典:Instagram

上記のコメントを大雑把に訳すと、「素晴らしい7年間でした。ニューヨークのすべての人々に感謝します」という内容です。

そして最後は、「また会いましょう!」という言葉で締めくくられています。

わりと長文で書かれたお別れのメッセージですが、おそらく里田さんご自身が書かれたものなので、英語力は格段についている様子。

やはり7年もアメリカに住むと、嫌でも英語力はつきますよね。

しかも渡米前から英語の勉強をスタートさせていた里田さん。

アメリカに渡った頃にはすでに、日常会話レベルの英語を習得していたという情報もありました。

ヘキサゴンではおバカキャラなんて呼ばれていましたが、実は頭がいいんですね!

そしてお子さん達については、英語力はともかく日本語もかなりお上手な様子です。

下記は、里田さんが息子さんのおしゃべりをこっそり隠し撮りした動画です。

テレビを見ながら、「がんばれパパ!見てるよ!」と応援している息子さん。

とっても可愛いですね!

そして下の娘さんは、下記です。

ミルクを飲みたくなったら、パパに「飲みたいアピール」をするんだそうですよ。

まだおしゃべりは喃語(アーとかウーとか)ですが、パパが大好きなのは伝わってきますね!

里田さんの笑い声もなんだか嬉しそうです。

そういえば、片付けコンサルタントのこんまりさんも現在ロサンゼルスで子育て中なのはご存知ですか?

こんまりさんの子供については、こんまり(近藤麻理恵)の子供は3人!娘の学校は米LAで英才教育かでご紹介していますので、あわせてご覧ください。

以上、里田まいさんと田中将大投手の子供たちが通う幼稚園がどこにあるのか、場所や特徴などを調査してみました。

関連記事

目次
閉じる