【画像】タカラトミーの公式Twitterが炎上した理由は?過去の炎上も調査

玩具メーカーのタカラトミーの公式ツイッターが炎上して、謝罪に発展したとして話題です。

問題となったのは公式でつぶやかれた、リカちゃんの情報に関するツイート。

いったいどんなツイートだったのでしょうか?

今回は、タカラトミーの公式Twitterの内容について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

【画像】タカラトミーの公式Twitterが炎上した理由は?

炎上したのは、リカちゃんのプロフィールを紹介するツイートでした。

紹介の内容がキモいということで大炎上し、公式ツイッターでは謝罪にまで発展しています。

タカラトミーがツイートして炎上したのは、下記の内容です。

画像
出典:Twitter

こちらが投稿されたのは、2020年10月21日です。

上記画像の様に、リカちゃんのプロフィールについて、

とある筋から入手した、某小学5年生の女の子の個人情報を暴露しちゃいますね…!

という書き出しとともに紹介していました。(ツイートは現在は削除されています)

とある筋、暴露、など、少々穏やかではない表現ですね。

さらに、リプライ欄に続けて、

画像
出典:Twitter

久しぶりに電話したら、昨日の夜はクリームシチュー食べたって教えてくれました。
こんなおじさんにも優しくしてくれるリカちゃん…

この表現内容について、「いくらリカちゃん人形のこととはいえ気持ち悪い、まるでセクハラのようだ」として批判が殺到。

さらに8月には、リカちゃん人形について、下記のようなツイートもしていました。

画像
出典:Twitter

リカちゃん人形は、主に着せ替えして遊ぶ玩具ですが、人形のものとはいえ、あからさまな下着紹介にドン引きした方も。

この件について、公式ツイッターでは謝罪ツイートを投稿。

出典:Twitter

批判は続々と寄せられているようです。

調査したところ、タカラトミーは過去にも上記のような炎上ツイートを行っていました。

スポンサーリンク

タカラトミーの公式Twitterは過去にも炎上!

過去にも炎上したのは、下記の投稿です。

出典:Twitter

上記のツイートでは、アニメ「トランスフォーマー」のことを「神回かカオス回しかない『見る抗うつ剤』と表現。

このツイートは一応、アニメを褒めている内容ではあるのですが、”抗うつ剤”という表現に対して、悪ノリが過ぎると批判されていました。

実際に2019年のタカラトミー株主総会でも、これまでの公式ツイッターの発言内容について「暴走ぎみでは?」といった声が挙がったようで、

株主からの懸念についてタカラトミー側は、「真摯に受け止める、事前チェックを行う」と返答していたそうです。

ですが、今回のリカちゃん人形のツイートを見る限り、事前チェックが行われていたのか謎ですね。

タカラトミーの公式TwitterについてSNSの反応は?

今回炎上しているツイートについて、批判はあるものの、SNS上では一部で擁護の声もあがっています。

ここで、SNSでの声を少しまとめましたので、ご紹介していきます。

  • タカラトミーの炎上今知ったけど、ほんとああいう悪ふざけが過ぎる公式アカウントマジで全滅して欲しいっすね…
  • オタク御用達のフィギュアならともかく昔から幼女にお馴染みのリカちゃんお人形にセクハラもどきな言動はやべーよタカラトミー
  • タカラトミーのツイッター担当はもっと世の中というか、そういうの理解したほうが良いと思いました
  • そんなに謝るほどのことかなと。
  • 子供対象の玩具の会社ということを忘れないでください。

一部の方は、「そこまで批判する必要もない」という意見でしたが、大半は不謹慎だという声が多かったです。

以上、タカラトミーの公式Twitterの内容について、ご紹介しました。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる