【最新】てんちむ・かねこあやの喧嘩まとめ!LINE流出で裁判は?

YouTubeで活躍している、てんちむさんかねこあやさん

登録者も多く人気のある2人ですが、もともと彼女たちは親友同士

ですが、ある出来事をキッカケに絶縁して、今後は裁判も行われるということです。

一体何があったのか?

今回は、てんちむさんとかねこあやさんの喧嘩の経緯や、流出したLINE画像、さらに裁判についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

【最新】てんちむ・かねこあやの喧嘩まとめ!LINE流出で裁判は?

画像出典:https://twitter.com/2lgbt4sg9XVWfZY/status/1303064311288406016

そもそもの喧嘩の始まりは、かねこあやさんの愛猫が亡くなったことがキッカケでした。

ここからは、ふたりの騒動を時系列でご紹介していきたいと思います。

2020年1月28日:かねこあやの愛猫が浴槽で亡くなる

2020年1月28日、かねこあやさんが飼っていた猫・チチが、自宅の浴槽内で亡くなっているのが発見されました。

当時、かねこさんは仕事で家をあけており、自宅には家政婦が滞在していたということです。

当初、浴室での溺死と思われていた猫の死因ですが、かねこさんは「家政婦」が黒ではないかと発言。

この発言は、以下の2点に起因しています。

  • 猫は生後7か月で、まだ浴槽には登れなかったこと
  • 親友のてんちむに相談したところ、「家政婦が黒」だといわれたこと

上記のことより、かねこさんは猫が故意の他殺だったのではないかと疑い始めます。

2020年2月5日:てんちむが「友達」との絶縁をインスタストーリーで告白

2020年2月5日、てんちむさんがインスタストーリーで突然、「友達」との交流を絶つと宣言。

その時の画像が下記です。

「友達」が誰なのかは書かれていませんが、これはのちに、かねこあやさんのことだったと判明します。

かねこさんとは「今後は関わることもなければ見守ることしか出来ない」とありますね。

2020年2月6日:てんちむ・かねこあやがコレコレ生放送に出演①

画像出典:コレコレチャンネル

てんちむさんが絶縁宣言をした翌日、コレコレさんの生配信におふたりが登場。

ただし、てんちむさんが先に出演した後、かねこあやさんはあとから参加したので直接ふたりが会話したわけではありません。

このときの生配信では、すでに両者の主張が食い違っていました。

てんちむの主張
  • 実は2019年10月頃から距離をとっていた(コラボも避けていた)
  • 猫の件だけが絶縁の原因ではない
  • 「家政婦が犯人と決めつけ、SNSで発信するのはよくない」とかねこさんに伝えた
  • かねこさんと意見が食い違うことが増えたので、法の元での絶縁を決意

まず、先に出演したてんちむさんは、「元親友のかねこさんのことを思って意見していたが、うまく伝わらなかった」といった内容を涙ながらに主張しました。

そして、てんちむさんとの会話が終わったあとで、かねこあやさんも生配信に出演。

かねこあやの主張
  • 猫を火葬した際に、骨に青い点があった=毒を盛られたのではないか?
  • 家政婦にアリバイがない
  • 猫は生後7か月で浴槽に登れなかった
  • てんちむからSNSでの発信を注意されるとは思わなかった
  • てんちむが「かねこあやと愛猫」の件を、売名行為に使った
  • 売名行為に利用されたとして被害届を提出している

この放送の2日後に、猫の死因が「溺死ではなかった」ことが判明しました。

なので、何かが原因で亡くなったあとに、浴槽に入れられた可能性があるということです。

また、かねこさんが提出した被害届は、2020年2月10日付で受理されている模様。

2020年3月16日:かねこあやが「絶縁について」の動画を公開

画像出典:かねこあやYouTubeチャンネル

2020年3月16日、かねこさんがてんちむさんとの絶縁に至った経緯を動画にして公開しました。

かねこさんの話を要約すると、

  • てんちむ側から、2020年2月25日に絶縁を申し入れられた
  • 絶縁後は、お互いについて匂わせなど一切しないと約束
  • 約束したにも関わらず先に約束を破ったのはてんちむ

上記のような内容でした。

また、猫の件についても調査を進めているということでした。

その後かねこさんは、インスタライブでてんちむさんを「ヴォルデモート」と呼んだり、エミリンチャンネルのえみりんさんを中傷するような発言をして炎上しています。

2020年4月15日:かねこあやがコレコレ生放送に出演

画像出典:コレコレチャンネル

この日の生配信では、まず放送主のコレコレさんが下記のことを主張。

  • (コレコレが)かねこに訴えられそう
  • かねこのインスタで「訴訟4つも抱えている」と言われたが、現在1つも抱えていない

コレコレさんが訴えられそうなのは、猫の件を動画で話したからだそうです。

しかしコレコレさん曰く「猫の話はかねこさんの方からしてきた」ということで、完全に巻き添えとなったと主張。

そして生配信開始から約40分後、かねこさんが登場。

かねこさん曰く「コレコレさんを訴えるのは弁護士からのアドバイスだった、てんちむの件と一緒にセットでやったほうが確実と言われた」とのこと。

これに対してコレコレさんは、「弁護士がそういうアドバイスをするのは法律違反なのでは?」という見解を示しています。

2020年8月29日:かねこあやが「絶縁裁判の真相全て」の動画でLINE画像を公開

動画の内容を要約すると、下記の通りです。

  1. 愛猫についてはまだ調査中であること
  2. 「家政婦が黒である、責任を追及するべき」といって、弁護士まで紹介してきたのはてんちむ
  3. てんちむの意見に従って動いていただけなのに、SNSでの発信をやめるべきと言われた
  4. 発信について、てんちむへは一切反論していない
  5. 突然「絶縁状」が送られてきたが、内容がひどすぎて絶句したので承諾していない
  6. てんちむの登録者数が100万人目前だったことから、自分(かねこ)を切ろうと思ったのではないか
  7. (かねこは)てんちむの都合の悪い過去も知っているので、絶縁で口封じをしようと思ったのではないか
  8. 口封じしたいのは、違法薬物を使用していたことだと確信している
  9. 同様の絶縁状は過去にも、てんちむの元カレ「ボクシング」宛に送付されていた(こちらも口封じのため?)

かねこさんは証拠もあるとして、下記のLINE画像を公開しています。

画像出典:絶縁裁判の真相全て│かねこあやYouTubeチャンネル

動画内で公開した画像には、てんちむさんが薬物を使用したという会話が残っています。

また、てんちむさんからかねこさんに送られてきた絶縁状の内容は、主に下記の3点がポイントのようです。

  • かねこが全面的に悪く、てんちむは悪くないという動画を投稿すること
  • 絶縁状の内容を口外してはいけない
  • てんちむの名前、あだ名などをどこにも言わない、書かない

これについて、かねこさんは弁護士と相談の上、一方的かつ不服な内容として承諾していない様子です。

2020年8月29日:コレコレが生配信でLINE画像流出

この日の生配信を要約すると、

  • 2020年8月24日から民事裁判がスタートしている
  • てんちむの後輩のリークで豊胸疑惑が浮上
  • かねこあやの婚約者が亡くなったのは嘘だった?

生配信では、てんちむさんとかねこさんのLINEも流出しました。

画像出典:てんちむvsかねこあや…遂に裁判に…薬物疑惑、詐欺疑惑も出てガチでやばい…│コレコレチャンネル

これについてコレコレさんは、(てんちむは)詐欺ではないかと意見しています。

というのも、てんちむさんは「モテフィット」という自身がプロデュースしたバストケア商品を売り出しており、この商品でバストアップしたと宣伝していました。

この商品については、のちに返金騒動へと発展しています。

さらに、かねこさんの婚約者については下記にまとめていますので、よかったらご覧ください。

2020年9月2日:てんちむが「応援してくださっている皆様へ」の動画を公開

画像出典:応援してくださっている皆様へ│てんちむCH/ tenchim

先日のコレコレさんの配信で、詐欺ではないかと言われたてんちむさん。

その後に批判が殺到したため、2020年9月2日に動画を公開。

動画内で「豊胸や薬物疑惑はすべて事実」だとして、謝罪しました。

また自身の商品「モテフィット」については、自腹で返金に応じると発言しています。

ここまでが、騒動の一連の流れです。

スポンサーリンク

【てんちむ・かねこあや】騒動の裁判の争点は?

最初にてんちむさんが絶縁状を送り、かねこさんが応戦する形ではじまった民事裁判

争点としては、

  • てんちむさんの「絶縁状」が有効なのか
  • かねこさんの被害届(売名行為)について
  • てんちむさんからかねこさんへの「名誉棄損」は成立するか

上記の3点がポイントになると予想しています。

とはいえ通常、裁判になったらここまで公に発言しない方が身のためなのですが、お互いに暴露合戦になっていますよね。

なので、裁判の行方がどうなるのかは、全く予想ができない状況です。

また進展がありましたら、追記していこうと思います。

以上、てんちむさんとかねこあやさんの喧嘩の経緯や、流出したLINE画像、さらに裁判についてのご紹介でした。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる