山田真貴子の入院理由は大病が原因か【飲み会でポッキーゲームとは】

今回は、菅総理の長男・菅正剛氏(東北新社)から違法接待を受けていた山田真貴子氏についてご紹介していきます。

山田氏は2021年3月1日、体調不良で入院し、内閣広報官も辞任すると発表しましたが、国民からは「逃げた?」とも言われています。

ですが、山田真貴子氏の過去を調べてみると、大病を患ったことがあることが判明しましたので、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

山田真貴子内閣広報官の入院理由は大病が原因か

山田真貴子氏の入院理由について調べたところ、一番可能性が高いのは過去の「大病」が原因かと思われます。

山田真貴子氏が大病を患った経験があると発言したのは、2021年02月25日の衆院予算委員会でした。

山田真貴子
出典:JIJI.COM

予算委員会の中で山田氏は、過去に「2度ほど大病をしております」と発言。

この2度ほど大病をしたと発言したのは、7万円もの違法接待を受けた山田氏が「飲み会を断らない女」として報道されていた件に絡んでいます。

菅首相の長男・菅正剛氏からの違法接待問題で、予算委員会に参考人招致された山田氏は、立憲民主党の黒岩宗洋議員からの追及を受け、

「このたびは、私の総務省の国家公務員倫理法違反にあたる行為で公務員の信用を損ねることになりまして深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」

出典:スポーツ報知

と述べて、謝罪。

そして、黒岩宗洋議員から「今も飲み会は断らないのは信念なのか?」と問われると、

 「私自身は、二度ほど大病もしておりますので最近、そういったことは、なかなか難しい状況でございます。そういう意味では、若い方に言っていることと私自身が今やっていることは、若干ズレがございますけども、そこはご容赦いただきたいと存じます」

出典:スポーツ報知

と発言しました。

なので、最近は大病が理由で飲み会に参加していなかったということになりますね。

ちなみに菅首相の長男・菅正剛氏から接待を受けたのは、総務省時代ということなので直近だと2015年~2019年頃かと思われます。

また「2度ほど大病を・・」というのも、おそらく過去のことであると思われます。

ここでいつ大病を患ったのか、山田氏の経歴などを調べたところ、過去の入院歴や手術歴などは現時点で確認できませんでした。

また職務経歴も調べましたが、空白期間もあまりなく、いつ大病をしていたのかが不明でした。

もしかすると、仕事をしながら治療を行っていた可能性も考えられますが、「大病」と聞くとやはり入院加療の必要性を感じますよね。

しかも大病を患ったのは2回だそうなので、同じ病に2度もかかったのか、または違う病気だったのかも気になるところです。

続きましては、山田真貴子氏の大病が何だったのかを調査してみました。

山田真貴子は飲み会を断らない=肝臓が悪い?

山田真貴子②
出典:内閣官房

山田真貴子元内閣広報官は、若者へ向けたメッセージ動画の中で、「(飲み会を断らない理由は)断ると2度と誘われないから、私自身も飲み会を絶対に断らない女でした」と述べていました。

飲み会を断らないということは、かなりの頻度でアルコールを摂取されていたということでしょうから、もしかすると肝臓が悪いのかもしれませんね。

山田氏の社会人生活は、1984年に旧郵政省に入省してからスタートしています。

1987年には1年間のイギリス留学を経験し、帰国してからは文部省、総務省、世田谷区副区長を経て、再び総務省へ。

2020年には、女性で初めての内閣広報官に任命されていますので、エリート中のエリートであることは間違いないです。

そんな華麗なる経歴をお持ちの山田真貴子氏ですが、官僚というとやはり男性が多いのも事実。

なので、社会人になってからの37年間、これまでに何百件、何千件もの飲み会に参加してこられたことと思います。

ちなみにアルコールを大量に摂取すると、

  • 消化器系
  • 循環器系
  • 神経・筋肉系

など、体のいたるところで病気が見つかる場合があります。

過度の飲酒は、生活習慣病を誘発するきっかけにもなりますし、大病というからには「ガン」である可能性も考えられます。

とはいえ、先日の答弁を見る限りではお元気そうだったので、今回の入院理由が過去の大病と関係があるのかどうかは、正直なところ不明です。

もしかすると、国会での追及に耐えかねてメンタルに異常をきたしたのかもしれませんね。

山田真貴子氏については、山田真貴子の家族情報 夫は総務省の吉田博史で子供は息子が1人でもご紹介しています。

なぜ夫婦別姓なのかも調査しましたので、あわせてご覧ください。

山田真貴子は飲み会でポッキーゲームして出世か

飲み会を断らない女として、男社会の中で出世してきた山田真貴子元内閣広報官ですが、実は若手だった頃に「中年男性とポッキーゲームをしていた」という伝説があるようです。

ある女性官僚が「山田さんはなんであんなにすごいんでしょうか?」と先輩に尋ねたところ、先輩から下記のように教えてもらったということです。

「真貴子さんはね、若い時に民間事業者の中年男性とポッキーゲーム(ポッキーを両側から食べていく飲み会の余興)とかをちゃんとやっていたからだよ」

引用:AREA

なんと山田氏は、飲みの席でポッキーゲームをやっていたんですね。

普通の社会人女性なら、断る人が大半ですよね。

すごい、の一言です。

男性が多い会社って、わりとセクハラに悩む女性社員も多いですが、山田真貴子氏にとってポッキーゲームなどのセクハラは些細な事だったのかもしれません。

もしくは、セクハラもいとわずただただ出世街道をひた走る強靭なメンタルをお持ちだったか、もしくは相当に我慢強いのかどちらかかもしれませんね。

総務省で働く女性は、全体の1割程度だそうですが、その中で内閣広報官にまで上り詰めたのは、ポッキーゲームをもいとわない山田氏のガッツもあったのでしょう。

現在は入院されたとのことですので、お元気になられることをお祈りしています。

山田真貴子氏が国会で追及された違法接待問題については、菅正剛(菅総理長男)の料亭の場所はどこ 女子アナの実家はミタパンかでもご紹介していますので、参考になさってください。

以上、山田真貴子元内閣広報官の入院理由についてご紹介しました。

関連記事

目次
閉じる