小室圭さんが整形か Twitterの噂を画像比較で検証!ロン毛の理由も!

今回は、眞子さまの結婚相手である小室圭さんの整形疑惑について検証していきます。

2021年9月27日に帰国した小室圭さんですが、成田空港に到着した姿はチョンマゲさながらのロン毛姿で驚いた方も多かった様子。

さらに顔の印象まで変わっていることから、整形したのでは?とTwitterなどのSNSでは噂が流れています。

そこで当記事では、小室圭さんの整形説について、渡米前と帰国後の画像を比較しながら検証していきます。

スポンサーリンク
目次

小室圭さんが整形か【Twitterの噂を画像比較で検証】

まずは、小室圭さんの整形疑惑についてTwitterなどで囁かれている整形箇所は、主に下記の3箇所です。

  • 眉毛
  • 鼻の高さ
  • アゴの形

順番に画像を比較しながらご紹介していきます。

小室圭さん整形説①眉毛が平行になる

まずは眉毛の変化です。

これはテレビの報道でご存じの方も多いかもしれませんが、眉毛が平行眉になり柔和な印象になっていました。

出典:中スポNHK

渡米前はややつりあがった眉毛でしたが、帰国後は横にまっすぐ整えられ、平行眉になっていました。

近年、平行眉はオルチャンメイク(韓国風メイク)の流行にともない、女性の間で流行していましたが、最近は男性でも平行眉に整える方が増えています。

小室圭さんも結婚を前に少しでも柔らかい印象を与えるべく、平行眉にイメチェンされたのかもしれませんね。

小室さんの眉毛については、毛流れを整えただけでしょうから、整形ではなさそう。

といっても、眉毛だけでも印象が大きく変わる顔のパーツ。

雰囲気をガラッと変えて帰ってきた小室さんについては、他にも整形したのでは?と言われている箇所があります。

小室圭さん整形説②鼻の高さが違う

TwitterなどのSNSでしきりに話題になっているのが、鼻の高さです。

鼻については、渡米前と、米国に滞在している時の小室圭さんの画像を比較してみましょう。

まずは、渡米前の小室圭さん(婚約内定会見)の画像です。

会見時の小室圭さん
出典:CNN(比較のため画像を反転させています)

そして帰国直前の小室圭さんの画像が下記です。

ニューヨークでの小室圭さん
出典:TBS NEWS

上記の画像を並べて比較してみると、鼻の高さが若干変わっているように思えますね。

小室圭さん鼻の比較画像

もしかすると、微妙に角度が違うため鼻を整形したようにみえるのかもしれませんが、それでもTwitterなどのSNSで話題になるのも無理はない印象です。

鼻の高さを変える整形術では主に、

  • ヒアルロン酸を注入
  • プロテーゼによる隆鼻術

この2種類があります。

いずれも整形外科、美容外科などで行われます。

比較的安価でできるのは、ヒアルロン酸を注入する方です。

鼻の高さを出したり、鼻筋をスッキリみせることで顔の印象を変えることができます。

小室圭さんの場合は、鼻の高さが変わったというよりは鼻筋がすっきりと変わった印象を受けますね。

小室圭さん整形説③アゴをSSRO施術か

つづきましては、アゴの整形疑惑についてです。

アゴに関してもTwitterなどのSNSで話題になっており、一時ネット上では「小室圭さん顔デカイ」などと言われていた所以でもある箇所ですね。

こちらも画像で比較してみましょう。

小室圭さんアゴ比較画像

左は渡米前の小室圭さん。

右は帰国直前の小室さんです。

比べてみると、アゴの形がやや変わった印象を受けますね。

渡米前はややしゃくれぎみだったアゴが、帰国直前にはまっすぐになっているように見えます。

アゴの整形についても調べたところ、ネット上では「SSROをやったのでは?」という意見もありました。

SSROとは「下顎枝矢状分割術」いわゆる下顎骨切り術と呼ばれるもので、下顎の骨を分割して前後に動かす手術です。

いずれも整形術にはダウンタイムといって、術後の腫れや痛みが伴う期間がつきものです。

SSROを行う場合は、一般的に1週間前後のダウンタイムがあるということですので、米国滞在時に整形した可能性もあるかもしれませんね。

小室圭さんの代理人・上芝弁護士についてもまとめていますので、よろしければ上芝直史弁護士(小室圭の代理人)の経歴【顔画像が消されてる?】もあわせて覧ください。

続きましては、小室圭さんのロン毛の理由についてもご紹介していきます。

小室圭さんロン毛の理由【ポニーテール?チョンマゲ?】

小室圭さんロン毛画像
出典:TBS News

眞子さまの結婚相手となられた小室圭さん。

約3年ぶりの帰国となりましたが「ロン毛」姿だったのは衝撃でしたよね?

しかも、後ろで束ねたポニーテールスタイルだったのも驚きでした。

アメリカでは「サムライ」や「ニンジャ」などが人気ですので、もしかするとそれを意識してチョンマゲ姿になったのでは?とも言われています。

報道によると、アメリカではコ◯ナの影響で美容院を訪れることができないため、髪を伸ばすのが流行していると言われていました。

しかし、これは現地の日本人美容師がキッパリと否定していましたね。

その美容師さんによると、小室さんが滞在するニューヨークは人種の坩堝であり、あらゆる国の人が住んでいるため、髪型も多様。

なので、ニューヨークではロン毛が特に流行しているというわけではないそうです。

ではなぜ、小室圭さんはロン毛になってしまったのでしょうか?

シスターフッド出版社「アジュマブックス」の代表の北原みのり氏は「強い自己肯定感の現れ」と分析しています。

日本中が好奇の目を向けている中でのロン毛での帰国は、小室さんの圧勝が決まった瞬間のように見えた。多くの人の想定を超える空気の読めなさと(誰が小室さんがロン毛で帰国することを予想できただろう)、垣間見える尋常ではない深く強い自己肯定感。こういう人でなければ、何の後ろ盾もない一般男性が皇室の女性にプロポーズするなど、無理なことなのだと理解した。

引用:AERA dot.

確かに、ここまで日本国民からバッシングを受けているにも関わらず、ましてや皇族と結婚する身でありながら、「ロン毛で帰国」できるのはある意味すごいとしか言いようがないですよね。

さらに、2ちゃんねる創始者のひろゆき氏は、こう分析しています。

ひろゆきTwitter
出典:Twitter

皇族がお見合いではなく、恋愛結婚をしようとすると、学生時代の知り合いぐらいしか機会は無いわけです。
バッシングに耐えながら異国の地で生活するための基盤を用意出来る「一般男性」なんてそうそう居ないので、眞子さんはマジで人をみる目あると思うおいらです。

確かに、婚約内定会見後すぐに母親である佳代さんの金銭問題が浮上。

元婚約者とのいざこざが報じられ、バッシングを受けることになった小室さん親子。

ですが、小室圭さんはすぐに渡米して行動を起こし、見事ニューヨークで就職の内定も勝ち取りました。

ここまで行動力があるのは、とても素晴らしいですよね。

眞子さまも、そこまでのお人とわかっていながらバッシングに耐えていらっしゃったのかもしれませんね。

とはいえ、前途多難な結婚生活になりそうなので、どうか幸せになっていただきたいです。

とはいえ、ニューヨークの物価はかなり高額だそうで、眞子さまも共働き必須ではと言われています。

しかし調査したところ、眞子さまは結婚して渡米しても働けない可能性が高そうです。

詳しくは、小室圭さんのビザでは眞子さま共働きできず 佳代さんの渡米も不可かでご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

以上、小室圭さんの整形説について、渡米前と帰国後の画像を比較しながら検証しました。

関連記事

目次
閉じる