小室眞子さん居住のヘルズキッチン地区はデアデビル同様治安が悪いのか検証

今回は、小室圭さんと眞子さんが居住するというアメリカニューヨーク州にある「ヘルズキッチン」という地区の治安問題を取り上げます。

小室さんご夫妻が住むとされるマンションは、コンシェルジュも常駐するような高級アパートメントとのことですが、そもそも居住する「ヘルズキッチン」は、マーベルファンにとってはものすごく治安が悪いイメージがありますよね。

そこで当記事では、眞子さんが住むヘルズキッチン地区が「デアデビル」のように治安が悪いのかどうかを検証していきます。

スポンサーリンク
目次

小室眞子さん居住のヘルズキッチン地区とは?

まず、眞子さんが住むヘルズキッチンの場所は、ニューヨークの中にあります。

こちらが自由の女神像で有名なニューヨーク州の地図です。 

そしてこの中でヘルズキッチン地区は下記に位置しています。

ニューヨーク州の中央あたりに位置していますね。

ちなみに眞子さまが就職するといわれているメトロポリタン博物館も、すぐ近くにあります。

ヘルズキッチンからメトロポリタン美術館までは、車で約15分といったところですね。

さらに小室圭さんの働く「ローウェンスタイン・サンドラー法律事務所」までは車で約5分です。

ヘルズキッチン地区は、おふたりの勤務地からほど近い場所にあり、居住するにはピッタリの土地なんですね。

ちなみに小室圭さんが勤務している「ローウェンスタイン・サンドラー法律事務所」付近の様子は下記の通りです。

大きなビルが立ち並ぶオフィス街ですね。

ここからヘルズキッチンまで5分ほど車を走らせると、下記のように飲食店やマンションが立ち並ぶエリアに入ることができます。

一見して治安が悪そうには見えないヘルズキッチン地区ですが、実際はどのような雰囲気なのかご紹介します。

小室圭さんが海外でどのように報じられているのかは、小室圭さんへの海外メディア報道と反応まとめ 意外と反応薄い説でまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

ヘルズキッチン地区はデアデビルのように治安が悪いのか検証

ヘルズキッチン地区の治安問題を調べた所、以前はあまり平和な街ではなかったということでした。

「ヘルズキッチン=地獄の台所」という名前も、もともとはギャングが多くいたことに由来しているそうです。

アメリカの人気コミック「デアデビル」に登場するヘルズキッチン地区は、まさに「スラム街」として描かれています。

デアデビル
出典:Amazon

「デアデビル」に登場する主人公・マットは、ヘルズキッチン地区で生まれた全盲のヒーローです。

マットの父親はスラムから息子を救うべく、勉強をたたきこみます。

途中、ギャングに父親を殺される悲劇にも見舞われますが、マットは賢明に勉強してニューヨーク州で弁護士になるというお話です。(なんだか小室圭さんを彷彿とさせる話ですね)

ですので、アメリカのコミックを読んだ日本の方にとって、ヘルズキッチン地区は「スラム」という印象が根強くあります。

SNSでも「眞子さま大丈夫かな?」「ヘルズキッチンに住むの?治安は大丈夫なのかな」といった心配の声も多くありました。

といっても、最近では治安もよく、高級マンションが立ち並ぶエリアに生まれ変わり、飲食店などの店舗もあるため、住みやすいエリアのひとつといわれています。

ただし、ここ数年のコ◯ナ禍の影響で、若干治安が悪くなったという声もありましたが、報道によると小室圭さんと眞子さんが住むマンションはコンシェルジュが常駐しているとのことなので、警備の面では安心できそうですね。

そんな小室圭さんに整形説が浮上しているのはご存知ですか?

詳しくは、小室圭さんが整形か Twitterの噂を画像比較で検証!ロン毛の理由も!でご紹介していますので、よろしければご覧ください。

眞子さんが住むのはヘルズキッチン52番街のマンション!

ニューヨーク・ポストによると、小室圭さん眞子さんはヘルズキッチン地区の52番街のマンションに荷物を運んでいたと報じられていました。

The newlyweds, both 30, were spotted carrying their luggage into the residential building on 52nd Street on Sunday after touching down at John F. Kennedy Airport, the Daily Mail reported.

引用:ニューヨーク・ポスト

またネットの情報によると、小室圭さん眞子さんが住むマンションは「525w52nd」であるとも言われています。

下記はニューヨーク・ポストが小室圭さん眞子さん夫妻の引っ越しについて報じたツイート画像です。

ニューヨーク・ポストのツイート
出典:Twitter

そして、下記が小室夫妻が引っ越したといわれているマンション「525w52nd」のインスタ画像です。

525w52ndのインスタ画像
出典:Instagram

建物の雰囲気が似ているので、ニューヨーク・ポストで報じられているマンションと同じ建物である可能性が高そうですね。

525w52ndのインスタ画像②
出典:Instagram

めちゃくちゃオシャレなマンションです!

こちらのマンションの特徴としては、

  • 室内からハドソン川を見下すことができる
  • 2017年に完成した392部屋あるマンション
  • 複合施設内の建設された居住施設
  • セントラルパークからすぐ近く(徒歩で約15分)
  • 最安の賃料は、1階の部屋でも月額4,300$(日本円で493,691円/2021年11月現在)
  • マンション居住者は、屋上ラウンジ、フィットネス、スパ、図書館、ゴルフシュミレーターを利用できる

といった充実設備で、かなり豪華なアパートメントということがわかりました。

以前から「小室夫妻のニューヨークでの家賃は50万円にものぼる模様だ」と言われていましたが、まさにこちらのマンションの家賃が50万円ですね。

ただし1階にある一番安い部屋で50万円なので、2階3階と階があがるごとに家賃も増えることは間違いなさそうです。

何階にお住まいなのかも気になるところですね。

ただ先日試験に不合格だった小室圭さん。

家賃の支払いはやはり眞子さんの収入からなのでしょうか。

そんな眞子さんの就職もすでに危ういという噂があるのは、ご存知ですか?

詳しくは、小室圭さんのビザでは眞子さま共働きできず 佳代さんの渡米も不可かでまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

以上、小室眞子さんが住むヘルズキッチン地区が「デアデビル」のように治安が悪いのかどうかを検証しました。

関連記事

目次
閉じる