大石賢吾の経歴が超優秀な件【精神科医で医系技官で5人家族!】

  • URLをコピーしました!

今回は、全国最年少の知事として話題の大石賢吾長崎県知事の経歴が優秀すぎる件についてご紹介します。

大石知事はもともと精神科医で、厚労省の医系技官も経験し、お子さんも3人いて幸せな家庭を築いているパパでもあります。

そんな仕事もプライベートも超充実している大石賢吾長崎県知事について、経歴や学歴、プライベートやご家族、政治家を志した理由まで詳しくご紹介していきます。

目次

大石賢吾の経歴が超優秀な件

大石賢吾長崎県知事
出典:大石けんご公式サイト

まずは、大石賢吾氏の経歴をwiki風にご紹介していきます。

大石賢吾の経歴wiki【精神科医で厚労省医系技官】

  • 名前:大石賢吾(おおいし けんご)
  • 生年月日:1982年7月8日(39歳/2022年現在)
  • 出身地:長崎県富江町(現在の五島市/離島出身)
  • 家族:妻(京子さん)、子供3人(長男5歳、長女4歳、次男3歳)
  • 職業:精神科医
  • 2006年〜長崎大学 熱帯医学研究所
  • 2012年〜千葉大学医学部附属病院
  • 2020年〜厚生労働省医政局
  • 2021年〜日本医療研究開発機構
  • 2022年〜長崎県知事 当選

全国で最年少の知事となった、大石賢吾氏は、離島の五島市出身です。

場所は下記です。

現在は、妻と3人のお子さんと一緒に長崎県大村市に住んでいるそうですが、今回選挙に当選したことで県庁所在地である長崎市へ引っ越されることになるかもしれませんね。

大石賢吾の学歴

大石賢吾氏の気になる学歴ですが、実は大学に2回入学していることがわかりました。

  • 出身大学①:カリフォルニア大学デービス校 生化学分子生物学(2006年卒業)
  • 出身大学②:千葉大学 医学部 医学科(2012年卒業)
  • 出身高校:長崎県立長崎北高等学校
  • 出身中学:富江町立富江中学校
  • 出身小学校:富江町立富江小学校

高校までは地元の長崎県で過ごした大石賢吾氏。

長崎北高校を卒業後に、そのままストレートでカリフォルニア大学デービス校へ進学。

カリフォルニア大学デービス校
出典:カリフォルニア大学デービス校

カリフォルニア大では分子生物を専攻し、その後は故郷にある長崎大学の研究室へ。

そこからさらに医師になるために、千葉大学の医学部を卒業し、今度は千葉大学の附属病院に勤務。

さらに、今度は「厚生労働省医政局」で地域医療計画課の救急・周産期医療等対策室室長補佐に任命されます。(コ○ナ対策にも関わっていたとのこと)

また2021年には千葉大学の精神科の非常勤講師としても勤務しています。

千葉大学医学部
出典:千葉大学医学部

大学を2つも卒業して、カリフォルニア大学へ留学して、大学病院に勤務して、厚生労働省の医系技官になって、もうこれだけでお腹いっぱいになるくらい超優秀な方なんですが、プライベートも充実なさっている様子。

ここからは大石賢吾氏の家族についても調べてみましたので、ご覧ください。

大石賢吾は5人家族【子ども3人で妻は京子】

大石賢吾氏には、嫁の京子さんとまだ幼いお子さんが3人いらっしゃいます。

お子さんの写真はさすがに公開されていませんでしたが、嫁・京子さんの画像を発見しましたので、ご覧ください。

大石賢吾Twitter
出典:大石賢吾公式Twitter

奥様とのツーショットです!

奥様が小さいのか、大石氏が身長が高いのか、なんだか気になりますよね。

大石賢吾と妻・京子

奥様とってもスタイルが良いですね!(奥様も大石知事と同じく離島の対馬(長崎県)のご出身だそうです)

大石賢吾氏は元ラガーマンだそうなので、もしかするとかなり身長も高いのかもしれません

というか、勉強もできてスポーツもできて県知事になるなんて、超優秀すぎますよね。

ラグビー部だった大石賢吾
出典:大石けんご公式サイト

こちらは選挙前に、高校時代のOBと一緒にラグビーを楽しんだ大石氏。

さすが全国最年少知事だけあって、アクティブですね!

大石賢吾が政治家になった理由

今回、長崎県知事に当選した大石賢吾氏ですが、なぜ政治家の道を志したのかというと「医療だけでは人を助けられない」と感じたからだそうです。

医師として地元で訪問診療を行っていた大石氏は、ある日老夫婦の元を訪れたそうです。

その家は、ご主人が点滴をうけていて動けない状態でした。

そんな中、奥様も点滴が必要な状態になってしまったそうで、大石氏は「お母さんに何かあったら大変だよ、おふたりとも危なくなるから、生活環境きちんとせんといかんよ」と声をかけます。

しかし、奥様は「先生ありがとう、でもね、この辺りにはそんなサービスはないし、お金もないとさ」と困った顔で答えられたそうです。

そんなやりとりを何度も経験してきた大石賢吾氏は、医療だけでは人々の生活を助けることができないと悟り、政治家になろうと決意なさったんだそうです。

演説する大石賢吾
出典:大石けんご公式サイト

行政のあり方、公助のあり方を抜本から見直さなければと決意された大石氏は、その後、厚生労働省で医療政策をしっかり学び、今回ふるさとで行われた長崎県知事選に挑んだとのこと。

経歴や学歴も超優秀でご家族も素敵な大石氏ですが、政治家を志した決意もまた優秀すぎますよね。

以上、大石賢吾長崎県知事について、経歴や学歴、プライベートやご家族、政治家を志した理由まで詳しくご紹介しました。

目次
閉じる